犬と共に幸せに暮らすということはとても素晴らしいことです。

また犬達動物は子供に異種の存在を教え、思いやる心を育てる先生にもなり得ます。

 

今私たちがこうして犬達と過ごせるのも、人と犬とが共に育んできた長い「歴史」があるからです。

 

人と犬とが共に健康で幸せに暮らすためには、この社会での必要なルールを学び「いつでもどこでも誰とでも」友好的に接することができる「犬」に育ててあげることが一番です。

 

その犬を理解し、その犬生・世界をより広く楽しいものにしてあげることができるのは飼い主さん家族なのです。

 

人間同士においても相手と心を通わせうまくつきあうには、まず相手を知ることから始まります。

一方通行ではけして良い関係は作れません。

 犬との関係もまず「犬」という異種をきちんと理解する・観察することから始めてみてください。

 

そして心で犬を育てましょう。

 

                            -r2.action  Hirose ー