乾燥真っ只中!

一番乾燥しているこの時期
毛を触れば静電気でバチバチ!!
皮膚はカサカサになってはいませんか??

頻繁に皮膚を掻いている場合は一度毛をより分け どのような状態かを点検してあげてください。

乾燥して粉がふいているような状態であれば ブラッシングは皮膚にブラシを当てず、軽く 毛のみをとかすようにしてあげてください。

皮膚には油分をしっかり補ってあげるべきです。
天然のクリームなどを塗ってあげましょう。

また痒がるからとシャンプーばかりしすぎていませんか?
それも殺菌力の強い薬用シャンプーでゴシゴシと・・・!!

そんなに皮膚を無防備にしてどうしますか〜。
皮膚を守る常在菌の取り過ぎほど怖いものはありません。

常在菌は有害な菌が来れば繁殖を防ぎ酸を出し 病原菌の侵入を防いでくれるのです!

常在菌を殺すことが皮膚を清潔にする事ではありませんよ。

ブラシング用の固めのブラシなどで洗うのは避け 手でやさしくマッサージするように洗ってあげて下さい。

お湯は熱すぎると余計に皮膚の潤いを取り去ってしまいます。
必ずぬるま湯で洗いましょう。

また乾かすときも熱風は余計に皮膚も乾燥させてしまうため 低い温度でしっかり乾かす事が大事です。

犬の皮膚は人間よりも薄くてデリケート。

犬の体に安全なものを使用し 体に影響のある界面活性剤や乳化剤などが入っているものは避け 体に優しい天然成分の使用をおすすめします。

皮膚は常在菌と自分の体を覆う皮脂で守られています。

日常ケアの方法や使っているものをもう一度見直し 乾燥しない健康な皮膚をつくってあげましょう。

朝、お水で顔を洗うとお肌つるつるですよ〜!(人間の話です。)