動物と子供の関係

欧米諸国では子供のいる75%近い家庭で何かしらの動物を 飼っているといわれています。
もちろん、動物は家族の一員という考えです。

発達心理学者のゲイル・F・メルスン曰く
幼児が最初に発する単語50語で もっとも多いのは動物に関する言葉だそうです!
パパやママの次にワンワン、ニャンニャンなんですネ。
それだけ動物は子供の意識の中に強く、 また自然に入り込むという事です。

昔の日本はおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に 大家族で生活をしていました。
その中で子供達は幼くして大切な家族の死というものに直面し 命の尊さを知り実感しました。

今の日本は核家族化しています。
生身で触れ合い、体感するという事より バーチャル化したものでの経験が多くなっているのが現実です。

そんな中で生身の動物からの影響は多大なものとなるのです。
子供達には動物を平面で見るのでは無く 実際に触ること。温度感じること。
そして生活を共にするという事。
その近くでの体感は 動物の接し方や相手をいたわる心、 また生き物の痛みを学びます。

動物と生活している子供は生活をしていない子供よりも 言語発達が早く、また『非言語的コミュニケーション能力』が 優れているといわれます。

動物は言葉を喋りません。
しかし、あらゆる手段で常日頃伝えています。
動物を飼う子供たちは観察力・想像力・洞察力を幼い頃から 磨けるということですね。
もちろん、動物からの恩恵はまだまだありますよ!

特に犬と人間は昔から互いに助け合い深い関りを持って来ました。
そこにはとても大きな意味がある証拠です。

是非、未来を背負う子供達には 物言わぬ沢山の動物たちとの関りを心から願うばかりです。