子犬の時期に大切なこと

春は新しい命が誕生する季節です。
子犬の時だからこそ大切な事柄は沢山あります。

例えば子犬を取り巻く環境などは
今後生きて行くうえで犬の精神状態をとても左右するものとなります。
「子犬が来てから考えればいいや〜。」などと思わず 迎える前からしっかりと整えておきましょう。

人間社会の中で生活するためには 子犬が身に付けなければいけないルール、
そして家族の一員となるべきお家のルールなども学ぶ必要があります。
そのためには飼い主さんが自信をもって犬に接し、しっかり主導権をにぎり 愛情をもって教える事が大切です。

そうする事で犬は安心して生活ができるのです。
また、特に子犬のころの重要な仕事と言えば何を置いても社会化です。
社会化とはこれから起こり得る事柄を肯定的に経験をさせる事を言います。

例えば人の中で生活して行くのに人間嫌いは致命的です。
その犬の行動範囲をとても狭くさせてしまうことになります。
また、以外と忘れがちな匂いの社会化と味(舌)の社会化。
沢山嗅覚を使わせる事は本能的に脳に刺激を与え情緒安定に繋がります。

そして子犬の頃から色々な食感の食べ物を与える事も重要。
何でも食べれるということはどんな事がおきても強みです!
最初のとっかかりで嫌な印象が付いてしまうと次の時には 口にしない場合があります。
くれぐれも1番初めの印象は良いものなるように 工夫してあげて下さいね!

そう、子犬に教える全ての物事は必ず肯定的にですよ・・・。