暑さに弱い

毎年やってくるこのジメジメの季節 犬にとっては寒さよりも暑さの方が苦手。
それも暑さというよりはこのムシムシした湿気が苦手と言うべきでしょう。
人間の体温調節は沢山汗をかいて体温を下げたり自分でいくらでも出来ますが 犬は人間と違い汗腺が極端に少ない動物です。

舌を出しハァ〜ハァ〜とパンティングをして舌の水分を蒸発させることで 気化熱で体温を下げています。
犬は自分で出来る体温の調節が限られているためしっかり管理してあげる事が必要です。
まずわたしたちが出来ることは部屋の温度管理。

ただ、部屋をギンギンに冷やせば良いというわけではありません。
被毛の長さや密度によっても体感温度は違います。
また、シニアのワンちゃん達や関節、筋肉などに持病を もっている場合などは 体の芯まで冷えすぎないように十分気をつけてあげましょう。
湿度の高い日は25度の冷房より25度のドライの方を選んだ方がBest! なるべく湿気を少なくしてあげる事で体は楽になります。
冷たい冷気は体に直接吹き付けないよう上手にルーバーを使ったり サーキュレーターなどで室内の空気が流れるようにしてあげましょう。

もう一つ大切なこと!
お留守番などをさせている時に万が一、停電でクーラーが切れてしまった時 必ず部屋に空気が流れるように窓などを少し開けて出かけるようにしましょう。
また、クーラーとは別に電池で動くものを1つ置いておくのも重要です。
そして、お隣さん、ご近所、近くお友達に 万が一の時には必ず見に来てもらえるようお約束をしておいてください。
湿度が高くて暑い日は特に体力の消耗も多いので人も犬も健康管理には万全を!