水分補給は出来てる?

みなさんの愛犬は体に必要な水分をちゃんと取れていますか?
犬も人間同様に体の60%〜70%が水分といわれています。

水分が足りていないと皮膚や粘膜がカサカサしたり、
リンパや血液の循環が滞る、
また結石などの泌尿器系トラブルになりやすい、
便秘になるなどの栄養吸収にもとても多大な影響を及ぼします。

肝臓の解毒にもたっぷりな水分がかかせません。
水分を摂って体外に悪いものを出す!

いかに体にとって水分が重要かがわかりますね。
いつもヴィジョンズでは
『ドックフードはカリカリのままでは無く必ず水分を追加してください。』と
飼い主さんにおすすめしています。

乾燥したものを食べた後には犬はたいていたくさんお水を飲みます。
一気にお水を飲むと胃が急激に膨らみとても負担になります。

命にかかわる胃捻転などの原因にもなりかねません。
また毎日頻繁にドライのものを体に入れることで
胃壁にキズが付きそれがアレルゲンになることもあるそうです。

私たちも毎日毎食シリアルを何もかけずに食べろと言われても
それはキツイですよね!喉つまりますって。

よく、フードをふやかして食べさせると歯が弱くなるとか
歯垢が溜まるなんて言ってる方がいらっしゃいますが・・・

犬は人間の歯のように穀物などをすり潰す歯は少なく、
肉を引きちぎる歯が発達しています。これは食性の違いで
歯の形状の違いや、生える比率が違うんですね。
よって、噛んでいるようで噛まずに飲み込んでいるのです。

また、犬の唾液は糖タンパクが多いため食べた後の食器もヌルヌルになります。
それだけ唾液が粘着性が強いのです。

乾いている状態のフードとその唾液が混じる場合と
水分たっぷりのフードを口の中に流し込むのとでは
どちらが歯に付かずスムーズに体に入るかは一目両全です!

硬いものを噛ませるのであれば硬いおやつなどを。

また、歯のケアは毎日の歯磨きに勝るものはありませーーーん!!

容器に水を置いておくだけで、あとはいらねぇょ〜。なんてダメ!

いつでも、新鮮なお水が飲めるようにしておくのはもちろん!

体のために毎日の食事なども水分を加え食べさせるようにしましょう。