シンプルに基本に戻ろう。

今年も1年が始まりました!

毎年「今年はこうしよう!」「あーしよう!」と
決意するのですが

今年は「基本に戻る」をテーマにしようと思います。

去年の年末にある人の一言で決めました。

その方は「今まで、本を見たり、人に聞いたりして自分の体のために
色々やってきたが結局何が良いのか分からない。」とおっしゃるのです。

まず人に色々聞いているうちは自分では考えていないものです。

特に体の弊害がどこかに出ている場合などで
お金も沢山使ってみたものの
納得する結果が得られないという事もあるでしょうし

健康維持、予防で色々とやっている場合もあると思います。

どちらも体のために考えてやっているとは思いますが

それは本当に体を治すものなのでしょうか?

症状を一時止めているだけになっていませんか?

犬の場合も同じです。

今、犬のアレルギーや皮膚疾患がとても多いですね。

そして癌、内臓疾患、肝臓、腎臓 etc...

これらすべては体の免疫システムのSOS。

すなわち細胞からのSOSです。

それには、まず栄養を吸収できる体(細胞)なのか?

また、本来の治癒力をもつ体なのか?

これが重要です。

何を入れても体(細胞)が吸収できなければ無駄です。

悪いものは排泄できる体(細胞)でなければいけません。

普段の食生活や、身の回りで使っているもの

そして犬との関係性はどうですか?

もう一度見直してみて下さい。

身近なところから・・・。

体の弊害は、日々の生活の中から湧き出たもの。

特にメンタルの部分はその中でも
とても大きい割合をしめています。

しかし、気付かない。

目に見えるものだけを追うと見失います。

どんな事を考えて、なにを施すのもいいのですが

もっとシンプルに根本は何があるのか?原因はどこにあるのか?を
考えてそれに気付くこと。

難しく考えず簡単に。

前ばかり見ず、たまには振り返ってみると見えてくるかもしれませんよ。