シンプルに基本に戻ろう2

前回は何でもシンプルに基本に戻ってみて考えるというお話。
では「シンプルに考える」とはどうゆう事なのか?
今の現状がこうなっているからそれをどうしよう、
こうしようといつでも「現状と対策」だけを追う。
これをやめて根本の原因を考えるという事です。
たとえば体のことを基本に戻って考えてみると
「元々の体はどんな状態だったのか?」を考えるといいですね。
同じ環境で育っていてもストレスをかかえてしまう犬もいれば
ストレスをはね返す力のある犬もいます。
同じ食生活でも病気になる犬もいれば、ならない犬もいます。
これを一言で体質だからと言ってよいのでしょうか?  
ではこの差は何??
その差には必ず理由があるはずですね!
体は本来良いものを吸収して悪いものをちゃんと排出する。
このあたりまえの事が出来ていないのです。
そこで、生き物が健康な体を維持していくのに重要で
「生きる」をシンプルに考えてみると・・・。
絶対外せないものが「血液」です。
血液は肉や骨、全てにおいて体内を流れています。
特に血流が滞ることはもっとも赤信号!!
血流を良くすることは細胞の活性化、そして体を元に戻します。